極み見聞録

【ルピナス健康サポートステーション】AI搭載や指の第二関節を持つメカなど、進化するマッサージチェアを体験

マッサージチェア専業メーカー、ファミリーイナダ株式会社の健康情報発信基地。座った人の指圧点を自動的に探し出して調整する、人工知能システムと通信ネットワークを搭載したメディカルチェア「ルピナスシリーズ」など、機種も豊富です。ガンダムコラボの「シャア専用 ルピナス ROBO」体験や、栄養相談カウンセリングなども行なっています。

  • レポート
共有

専業メーカーの最新マッサージチェアがずらり

肩をもんだり叩いたり、脚をほぐしたりするマッサージチェア。実は、マッサージチェアは日本発祥だというのをご存じでしょうか。初期のマッサージチェアは、もみ玉が上下に動いて背中をゴロゴロ刺激するというシンプルなものでしたが、初めて誕生してから半世紀以上が経ち、今、マッサージチェアは大きく進化しています。

ルピナス健康サポートステーションは、そんな最新のマッサージチェアを体験できる場所。マッサージチェア専業メーカー、ファミリーイナダ株式会社の健康情報発信基地です。

ファミリーイナダ株式会社は、1962年に自動マッサージ器「ファミリ-・チェア」の製造販売を始めたという老舗。マッサージチェアを「日本が生んだ文化的健康製品」と位置づけて研究を重ね、さまざまな製品を生み出して世界にも発信しています。

「ルピナスシリーズ」はAIと通信ネットワークを搭載

ファミリーイナダ株式会社のマッサージチェアの中でも、注目は人工知能システムと通信ネットワークを搭載したメディカルチェア「ルピナスシリーズ」です。

押すと心地よい指圧点は体型によって一人ひとり異なるものですが、「ルピナスシリーズ」では人工知能が座った人の指圧点を自動的に探し出し、その時のコリの状態にあわせてもむ強さや早さを調整するのが特徴。試した方からは、「もんで欲しい場所を的確にもんでくれる!」などと、驚きの声が寄せられています。プロフェッショナルコース、ストレス解消コース、ミュージックシンクロコースなど、疲れにあわせて選べる豊富なコースも魅力です。

さらに、通信ネットワークにより、家族一人ひとりの脈拍を測定してタブレットで管理することができ、外部機器と併用すれば血圧や体重の管理も可能。脈拍測定ではストレス管理もでき、大きな変化があった場合にはアドバイスも行います。その他にも、本格的な健康チェックや最新の医療情報の配信など、さまざまな機能を備えています。

人の手を超える“もみ心地”を求めた「ROBO」も登場

シリーズ最新の「ルピナスROBO」は、人の手でもむ以上のもみ心地を求めて手の動きを研究し、指の第一関節と第二関節を持ったメカを搭載。人工知能とメカのハイブリッドにより、これまでにない絶妙な動きを再現することに成功しました。コースの数もシリーズ最多。メディカルコースをはじめ、ヨガ、座禅、子どもコースなど計24コースとなり、現代人のさまざまな疲れに対応できるようになっています。

近未来的なデザインの「ルピナスROBO」ですが、2018年12月には「機動戦士ガンダム」シャア・アズナブルとコラボレーションし、真っ赤な「シャア専用 ルピナス ROBO」を発表。モビルスーツのコックピットを思わせるデザインが話題を集めました。今ならルピナス健康サポートステーションで「シャア専用 ルピナス ROBO」を体験することができます。

また、ルピナス健康サポートステーションでは、毎週日曜日に管理栄養士による栄養相談などのカウンセリング(完全予約制)を行っています。仕事帰りやショッピングのついでに気軽に立ち寄って、健康づくりにお役立てください。

店舗詳細

6F

ルピナス健康サポートステーション

営業時間
10:00~21:00
TEL
06-6556-9941